日大三島高校の注目選手、松永陽登投手を勝手に調べてみた 第94回選抜高等学校野球大会出場

甲子園解説

執筆者:ショウコ

今回は日大三島高校の注目選手の一人、松永陽登(まつなが・はると)投手(2年)を勝手に調べてみました!

松永選手について

松永選手は、身長180cm、体重80kg、右投げ左打ちの投手です。
エースで4番を担っており、質の高い二刀流プレイヤーとして活躍しています。

昨年の秋季大会では打率、本塁打、打点のチーム3冠であり、防御率2.46という成績を残し、投打共に優れた選手として、いま注目の選手ではないでしょうか。

神奈川県出身の松永選手は、中学時代は秦野シニアに所属していました。

中学3年時には全国大会にも出場、当時はファーストを守っており、打順は下位の方、今のエースで4番とは少しイメージが違いますね。

高校進学後、チームは大会で上位に食い込めず、松永選手も話題に上ることはありませんでした。

昨夏の静岡県大会でもエースとして登板していましたが、4回戦で敗退。この試合では磐田東に7-0でコールド負けを喫しています。

永田監督の就任により、快進撃が始まる・・・!

新チームになって、永田監督が就任した当時の1年生が最上級生になり、チームは生まれ変わったかのような快進撃を見せます。

松永選手も大きく飛躍を遂げました。

秋季大会の最大のハイライトは東海大会準決勝の大垣日大戦。
強打の大垣日大を2失点に抑え、6-2のリードで迎えた6回の裏。満塁の場面で松永選手はライトスタンドへ試合を決定付けるホームラン!

その後、3失点したものの自身の満塁ホームランで試合を優位に進め、快勝した試合でした。

チームの勢いもそのままで、決勝で聖隷クリストファーに6-3で勝利し、東海大会を優勝。

松永選手は3打数2安打3打点、リリーフ登板ではありましたが6回1/3を投げ1失点と、この日も投打に渡り活躍。優勝へ大きく貢献しました。

松永選手の成績

松永選手の秋季大会の成績は打者では打率.513、本塁打2本、打点18、投手では87回2/3を投げて、防御率2.46、奪三振59を記録して投打共に活躍。センバツ大会でも注目される選手の一人となりました。

明治神宮大会では九国大付相手にノーヒットに終わりましたが、投手では強打の相手に8回2失点と全国大会でも通用する投球を見せました。

この春のセンバツで秋季大会のようなバッティングをすることが出来れば、日大三島の上位進出も見えてきます。全国の舞台で静岡の二刀流がどこまで活躍出来るのか注目です。


神野織物では、オリジナルの甲子園タオルを製作しております。
選手の名前や学校の校章、活躍の瞬間の写真をイラストにしタオルに印刷することが可能です。

友達登録していただければ、LINEでやり取りすることもできますので、ぜひご活用ください!

友だち追加

関連記事

月を選択してください