広島広陵高校の注目選手森山陽一郎選手を勝手に調べてみた 第94回選抜高等学校野球大会出場

甲子園解説

執筆者:イトウ

森山選手について

2022年 第94回選抜高等学校野球大会、優勝候補としてあげられている広島広陵高校。

センバツにおいては3度の優勝を達成しており、“春の広陵”の異名を持っています。その広陵高校の中で「プロ注目コンビ」と呼ばれている注目選手最速143キロ右腕森山陽一郎(もりやま・よういちろう)選手(2年生)がいます。

エース右腕の森山選手は、好調。

1年の冬に右肩じん帯を負傷。昨秋に行われた広島大会までは背番号20でしたが、その後の中国大会で背番号1に昇格して、明治神宮大会でもフル回転。今春の選抜でも活躍を大いに期待してしまいますね。

森山選手を深堀

2004年生まれ、右投右打、投手、身長181cm、体重83㎏、最高球速143Km、広島広陵高校新3年生です。

中学生になると広島県の広島南リトルシニアに所属し、リトルシニア関西連盟夏季中国ブロックベスト4入りを果たしました。

2020年より広島広陵高等学校入学。

2年生の中国大会から背番号1のエースを務め、全4試合先発で3年ぶりとなる優勝を獲得しました。

角度のある直球に縦のスライダー、縦のカーブを交え計27.2回で18K3失点。防御率0.65の好成績を残しています。

中1日登板の準々決勝・下関国際戦で、1安打3-0の完封の好投を演じており、中井監督は「大一番の試合で最高のピッチングをしてくれた。よく頑張ってくれたと思う」と好投したエースをたたえていました。

感想

監督からもチームからも信頼されている森山投手。

今春3月18日から開催される第94回選抜高等学校野球大会での森山陽一郎投手の活躍を期待せずにはいられません。優勝に絡む活躍をきっとしてくれることでしょう。

以上、広島広陵高校注目選手森山陽一郎君を調べてみました。


神野織物では、オリジナルの甲子園タオルを製作しております。
選手の名前や学校の校章、活躍の瞬間の写真をイラストにしタオルに印刷することが可能です。

友達登録していただければ、LINEでやり取りすることもできますので、ぜひご活用ください!

友だち追加

関連記事

月を選択してください