大垣日大高校の注目選手、山田渓太選手を勝手に調べてみた 第94回選抜高等学校野球大会出場

甲子園解説

執筆者:イトウ

今回は大垣日大高校の注目選手の一人、山田渓太(やまだ・けいた)選手(1年)を勝手に調べてみました。

山田選手について

身長173cm、体重73kg、右投げ右打ちのレフトを担当しています。

山田選手は1年生ながらレフトのレギュラーでリリーフエースも任されている、将来期待の選手です。エース五島投手とともに投手力の高い大垣日大の二枚看板の一人です。

山田選手は地元岐阜県の出身です。中学時代は愛知県の豊田ボーイズに所属しており、3年時には愛知県選抜にも選ばれています。当時からピッチャーと外野手の両ポジションを守っています。

1年生からメンバー入り

大垣日大に進学後は、1年生で夏の岐阜県大会にメンバー入りを果たしました。そして4回戦の岐阜戦に先発して、6回を1失点に抑える好投を見せております。

坂口監督は奇策として登板させたと明言しており、長い監督生活で1年生投手を夏の大会に登板させたのは、東邦時代に甲子園で準優勝した坂本投手以来だったそうです。

それだけ山田選手のポテンシャルが高いということでしょう。
昨秋の秋季大会では、先発は五島投手でリリーフは山田選手が登板するという形になりました。

特に東海大会では五島投手の不安定な投球が多かったため、山田選手の好援が光る試合が多くありました。

愛知県1位の享栄戦では、6回表に同点に追いついたその裏、五島投手が1死1、2塁のピンチを招き山田投手へリリーフ。

キャッチャーフライと三振に打ち取ってピンチをしのぎ、7回表で自身のタイムリーヒットが決勝点となり勝利した試合になりました。

山田選手の勝負強さ

どのような状況でも動じることなく勝負強いところが、山田選手の最大の魅力です。

山田投手はオーバーハンドから強い球を投げ込みます。直球を主体に緩いカーブを使いながら相手を打ち取る投球です。

何より投球に気持ちが籠っていて、強気の投球を魅せます。

秋季大会では28回2/3を投げて、防御率1.88、奪三振30を記録しており、特に奪三振は1イニング当たり1つ以上という高さも魅力の一つです。

投手力の高い大垣日大の2枚看板の一人である山田選手が、センバツの舞台でも気持ちの籠ったピッチングで上位進出を狙います。


神野織物では、オリジナルの甲子園タオルを製作しております。
選手の名前や学校の校章、活躍の瞬間の写真をイラストにしタオルに印刷することが可能です。

友達登録していただければ、LINEでやり取りすることもできますので、ぜひご活用ください!

友だち追加

関連記事

月を選択してください